<

施工例
ヒノキっていいの?

「高級」なイメージがあるヒノキだけど、

本当に良いの?

S__2728013

 

 

1.世界遺産品質の強度

世界最古の木造建築である法隆寺にもヒノキが使用されています。

ヒノキは伐採してから約200年は強度が2~3割上がり、それから徐々に元の強度に戻っていきます。

ヒノキ_強度_グラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

出典  森林・林業学習館

 

 

2.防虫・殺菌作用

 

ヒノキの精油成分に自分の身を守る効能があるため、

虫に食べられにくく、病気などによる腐敗からも身を守っていました。

そのため白アリに強く、檜風呂などにつかわれても腐りにくい特徴があります。

  

人体にも有効な檜の精油成分

医学によって檜の精油成分が、

院内感染で問題視されるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の発育を阻止し、

人体を蝕む病原菌にも有効であることがわかっています。

昔から「檜の家に住むと風邪をひかない」「3年間は蚊がやってこない」などの言い伝えがあります。

 

 

3.手入れに手間がかかる

 

商品価値を高める方法として真直ぐな原木を育成するための間引きをしたり、

無節材を得るための枝打ちを施すので、他の杉よりも手入れの手間がかかります。

 

 

4.リラクゼーション効果

 

森林浴をすると爽快感を感じますが、

これは「フィトンチッド」という樹木が発散する芳香による効果です。

「フィトンチッド」は高い抗菌性とともにストレス解消に効果があります。

 

「フィトンジット」で快適生活

ヒノキは「フィトンチッド」の含有率が高く、伐採後も発散し続けます。

檜に含まれる木の香りは脳の活動と自立神経活動を鎮静化し、リラックスさせることが分かっています。

血圧低下や脈拍の乱れの減少、快眠など数多くの効果をもたらしてくれます。

 

 

5.木目が細かく丈夫な東農ヒノキ

 

ヒノキの産地は福島県東南部以南の本州・四国・九州に分布しています。

暖かい地域は生育が早く、40~50年で建材に使えるようになります。

冬の寒さが厳しい東農地域では、80年以上の期間がかかります。

 

東濃ヒノキは生育が遅いため、細かな木目に育ちます。

しっかりと締まった木目の木は丈夫なので、東濃ヒノキが高価とされています。

 

佐合木材_HP

出典 株式会社 佐合木材

 

家づくり無料相談会随時開催中
お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
メール問合せ tel.052-784-5079

ページの先頭へ